バンカーショットが苦手な人も少なくないと思います。と言うよりも、プロでも苦手だという人は少なくないみたいですね。バンカーショットのコツは、ボールを打って上げるために砂を一緒に打つことにあります。砂と一緒にボールの下からすくい上げるように打つと言うことですね。しかし、この際に打ち上げる砂が多すぎると失敗する確率が高まるはずです。つまり、できるだけ少ない砂の量で打ち上げることができるようにコントロールする事が必要になってくるでしょう。そのためは、リストを用いて打つことと、フェースがご自身の頭を向いた状態を維持する事が重要だといわれているのです。他にも、いくつかのポイントがありますね。 ・フェースを開く ・肩や足のラインがターゲットの左にくるようにする ・体のバランスを良くするため、砂に足を潜らせるように踏みしめる ・左足に体重をかけ、上半身だけで打つ ・バックスイングでは手首を90度にコックする ・ボールの3〜5cm手前を狙う ・ボールを打つのではなく、砂で打ち上げる バンカーショットはなかなか独自に練習できる機会がないのも、上達がむずかしい原因の一つでしょう。そのような場合、感覚を身体に覚えさせるために、お風呂の湯船に浮かべたボールを、手の平を用いて外に打ち出す練習をすれば良いへと繋がります。手の平をどういった角度で入れるか、ボールのどの辺りからいれるか、どんな深さで打ち上げるかといった事を感覚的に理解するのに向いている練習法ですー